リサイクルトナーの交換はプロに依頼しよう

男性と女性

あらゆる分野で期待される

3Dプリンタ

1980年代の初期の物より数段優れた3dプリンターが、最近になって手頃な値段で販売されるようになりました。あらゆる分野での利用が期待されていますが、特に医療機関での様々な用途に期待が高まっています。初期の物よりも使いやすくもなっているので、高価であっても医療機関にはおすすめしたい機器の一つです。

使いやすさが定評

インク

シャープのトナー導入は、オフィス環境の改善とコストパフォーマンス向上につながります。既存の複合機との兼ね合いを考え、事前に業者へしっかり相談をし、まずは見積りを出してもらうことから進めていきましょう。

再利用でコスト削減を狙う

トナー

純正はコストが高いです

ペーパーレスが進んできてはいますが、まだまだ紙の資料が重宝されるのも間違いありません。紙の資料を作成する時に必ず必要になるプリンタですが、必ずセットになるものとしてトナーがあります。プリンタを販売する業者は、プリンタ本体は安価にしておき使い続けると必ず購入が必要になるインクやトナーの価格を高めに設定して利益を取るというのが一般的となっています。つまり、純正品のトナーはコストが高くなる傾向にあります。そこでオススメなのが、リサイクルトナーです。リサイクルトナーは純正のトナーの部品を再利用して充填したものです。その為、純正品と比較してコストが格段に安くて済みます。ただ、リサイクルトナーは純正品と比較して不具合率が高いのでは・・・と言った心配もあると思います。以前はそのようなこともあったようですが、最近のリサイクルトナーは改善されており、不具合率もかなり改善されてきています。また、保証については純正品よりも手厚い事が多く、例え不具合が発生した場合でも無償で交換してもらえる場合や、リサイクルトナーが原因でプリンタにダメージが発生した場合などにはプリンタの交換代金を保証してくれるケースまであります。他にも、一定期間内なら印刷の色合いや濃さ等に納得がいかない場合は返金のサービスなど、リサイクルトナーを選ぶメリットは非常に多くあります。今まで安定を求めて純正品だけを選んでいた企業でも、リサイクルトナーの導入を検討する余地は十二分にあると思います。

注目の企業アイテム

ラミネーター

企業アイテムの中で近年注目されているのがラミネート加工で、企業の身分証明書や飲食店におけるメニュー表など様々な分野で活用されています。最近では低価格で上品質な仕上がりが出来るという点で専門業者へ外注することが多くなっています。そこでは専用の機械で紙とフィルムを挟み込むことで加工が行われます。